« コツコツと | トップページ | てんやわんや »

2007年3月28日 (水)

アースループテスト2

Img_1216 先日、松美庵さんのBBSにてアースに関する質問をした際に"がさん"から提示された実験ですが、前回はどうもコンセントのノイズにやられているという結果だったので、今日は帰宅中に実家によってアダプタを1つゲットしてきました(とはいえ旧自分の部屋の物ですが)。

今回の物はテーブルタップを使わなくても良いので、ひょっとしたら・・・と思ったのですが、結論から言うと、私の部屋のコンセントのノイズは相当らしく、このトランスでもケーブルの位置、状態によるノイズの低減その他のテストは失敗に終わりました。

ですが、途中で面白いことに気づきましたので、まとめてみます。

写真ではアンテナ用わに口クリップを1本に伸ばしてますが、この状態でコンセントからの100Vの線に巻きつけると、物凄いノイズがのります。これが交流から飛んでくるノイズなわけです。つくずくACラインは隔離すべきだと思いました。

さらに、意味があるのかわかりませんが、この状態でジャックのアースとINの端子間の電圧が0.01V(AC)と出ました。その後、テスタの黒をシールド線のアースへ、赤を自分の手で握ると0.55V(AC)と出ました。そりゃ、この手で信号線を触れば凄いノイズがのるわけです。

Img_1217_1 その後、ジャックのINにわに口クリップの片側だけを接続した状態で、もう片方のわに口をプローブにして、あちこち当てていたのですが、ごみ箱(ブリキ)に当てると「バリバリバリ」とノイズが出るのです。このとき、ごみ箱のふちにクリップを繋いで手を離しても大きなノイズが載るのです。我が家のごみ箱は写真の通り何の変哲も無い物です。一体どこからの何を拾っているのかわかりませんが、身の回りのノイズ発生源は想像以上に多いのですね。

ところで、アンプからのシールド線だけにして上記の100Vの線に巻きつけてみたところ、空いているジャック自体を電線から離している限りにおいてはノイズレベルは非常に低かったです。シールド線は偉大です(とはいえ、ACラインとは隔離が基本でしょうが・・・)。

非常に簡単な実験なのでお薦めです。マウスのノイズとディスプレイのノイズは音が違いますし、その他どこからどんなノイズを拾えるの身の回りで簡単に試せます。面白い事を教えていただいた"がさん"に感謝します(本来の実験と変わってしまって申し訳ありません)。

|

« コツコツと | トップページ | てんやわんや »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アースループテスト2:

« コツコツと | トップページ | てんやわんや »