« へろへろ | トップページ | めずらしく »

2007年3月16日 (金)

昔々・・・

Img_1180 ギター系初自作品です。エフェクタ以前の製作品。とはいっても一昨年くらいです。

ギターを弾きたいと、とりあえずYamahaのVA-10を中古屋で買って、なんとなく少し大きいのが欲しくなってJC-77をヤフオクで買ったのですが、当然自宅には大きすぎて、オーディオ方面から真空管に興味もありましたので、手頃そうな物ということで作りました。

回路はFenderチャンプのAA764ですが、こちらの方の改造をそのまま使わせて頂いてBrightとMidBoostを追加しました。

フェンダートーンに対する思い込みも無い身ですので、真空管に優しく電源低め、ハムが消えなかったのでCPの容量変更やら段数やらのフィルター変更、ニュートラルな音を狙ってOPTはタンゴが入ってます。(こう書くと狙いがありそうですが、すべてなんとなくです。当然効果は不明。)

ところが、部屋で使うにはこれでも音量大きすぎです。5W恐るべし・・・。結局今一番使っている(モニタ)のは最初に買ったVA-10というありさまでございます。(というか、こいつだけしかヘッドフォン使えないので・・・)

このアンプはシャーシから箱まで手作りです。最後にクリアラッカー吹いてあるのですが、1ヶ月もしないうちに勝手にパキパキとヒビが入って勝手にレリック仕様?です。

回路的には真空管シングルアンプの基本らしいのですが、結局調べながらで半年くらいかかって作った気がします。

私のエフェクタ達にも言えますが、当然作っている間はギターの練習はしない→いつまでも弾けない→作っても出番無しという恐ろしい循環に嵌っています。

|

« へろへろ | トップページ | めずらしく »

コメント

こんばんは。
真空管ホルダではお世話になりました。
おかげでチューブエフェクターに手を掛けることが出来たので
感謝感謝です。

私も自作を始めてからギターの練習量が減っています^^;
バンド組んでいるので衰えるほど減っているわけではありませんが。。。
そのうちライブでも使わないようなエフェクターを作りそうで怖いです(笑

投稿: | 2007年3月17日 (土) 04時01分

炎さん、いらっしゃいませ。
真空管もやってみるとそれほど特別で無いと思うのですが、日常触れる物ではないので人によっては敷居が高くなってしまっているのを残念に感じていました。TubeDrvの一件では松美庵さんのおかげで多少は敷居が下がったのではないでしょうか。
次は高圧の敷居を誰か下げてくれませんかね・・・よろしくお願いします。
 
エフェクタは普通は使用目的があって作るものですか・・・。orz

ブログリンクさせていただきました。
よろしくお願いします。

投稿: clethra | 2007年3月17日 (土) 11時36分

こんにちは。

使ってみると確かに他のパーツより大きいだけという印象でした。
特に注意する点は見当たりませんね。
高電圧の敷居も下がって欲しいですね~
30Wや50Wのアンプも作ってみたいです。

せっかく作ったのですから使わないともったいないですよ^^
と言っても、私も歪みが4つほど家に転がっていたりしますが(笑

リンクありがとうございます。
こちらもリンクさせていただきました。

投稿: | 2007年3月17日 (土) 18時17分

リンクありがとうございます。
真空管自体は昔はどこの家庭にもあった?くらいですからね。
ただ、回路はともかく高圧は製作するにあたって本当に注意が必要なところが難しいです。
私としては取り組んでもらえる人が増えるのは可能性の広がりとして、とても喜ばしいことだと思いますが、耐圧や極性を間違えたらコンデンサも飛ぶかもしれませんし、ショートしたらその部分が解けたりすることもあります。
自己責任とは言いますが、製作後も自分の感電等だけならまだしも、場合によって火災やバンドメンバー等への漏電の危険性等を考えると安直に薦められる物でもありません(極端な例ですが)。一応、これらを防ぐ為に回路にはヒューズがついるはずなのですが・・・。
 
私のギター用品の出番についてはまたいつかブログで紹介できればとは思いますが、おそらく出番が無い理由が紹介されることになるでしょう・・・orz

投稿: clethra | 2007年3月18日 (日) 00時18分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔々・・・:

« へろへろ | トップページ | めずらしく »