« いえ・・・ | トップページ | FSHはもう終わり? »

2007年4月 2日 (月)

アースループテスト3

Img_1248 本日の実験台です。情熱の真空管の「Building My Very First Tube Amp講座」でサンプルになっている6AH4全段差動プッシュプルアンプ君です。

(一応、3段式バージョンで、2段目は6FQ7、3段目は6AH4とEL34を差替え可能にしてあります。ついでにボリュームはソフトンのアッテネータ)

アンプの紹介は、また今度という事で、早速、実験です。

CDから入っていたラインケーブルのCD側を抜いてわに口クリップをセットして、拾ったノイズをそのままアンプで増幅してスピーカーから出します。

わに口を繋いだ時点ですでにジジジジジとノイズがのって良い感じでしたので、下写真のようにアンプの電源トランスに近づけていくと・・・。

Img_1245_1

・・・ほら、ね?ノイズが消えてく・・・

え?

という訳で、トランスに近づけるほどノイズがなくなりました。輪を被せても捻っても横に輪を広げてもかなりノイズ減少です。

うっき~~~~~!!!!!!

タンゴのトランス凄すぎるYo・・・orz

何かが根本的に間違っている気がしている今日この頃です。

はぁ。

<今日の発見>

1、6AH4のノイズは意外に小さい(ちなみにギターアンプの整流管はそりゃもう結構バリバリでてました。)

2、タンゴのトランスは結構ノイズでないらしい・・・。

この実験は第4段に続くのでしょうか・・・orz

それと、上記、情熱の真空管の「私のアンプ設計マニュアル」はあちこちで紹介されていますが、真空管でアンプ系を作るなら必読だと思います。私には理解できない点が多々ありましたが、いつか理解できる日が来ることを祈ります(何かに)。

|

« いえ・・・ | トップページ | FSHはもう終わり? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アースループテスト3:

« いえ・・・ | トップページ | FSHはもう終わり? »