« FD2のケースプラン | トップページ | ひゃっほ~ぃ »

2007年4月 7日 (土)

この指が・・・

今日は会社がお休みになったので、楽器屋に少し寄れました。

が、Fulltone物置いてなかった・・・orz。

というわけで、斜めケースの寸法分からなかったので、既製品のケースでやってしまいます。

ところで、久しぶりにギターを少し練習していみたのですが、タブ譜があればともかく、楽譜からどうやって指の位置を決めれば良いのでしょう?音域で決めるべきなのか、運指を考えるのか・・・というか、楽譜を追うと、大体上で足りなくなる(1弦上を移動する羽目になる)のですよね・・・。どこかで斜めに飛んだり弦を戻ったりすれば良いのでしょうが、どこに飛ぶのか1フレから数えないと音がわからない・・・。とりあえず、音階でもやって覚えるのが先決ですね。

コードについても、楽譜には1つしか書いてないのに、あちこちで同じコードを作れるし・・・。

弦楽器以外は楽譜に書いてある音は基本的にそれだけで出す音が決まるのに、音がきまっているのに、どこで鳴らすのか全然定まらない・・・。ギターを始めてからずっと思っていたことですが、いまさらながらこの楽器の複雑さにまいっています。あと左手の動かないっぷりにも。右手が大事だとか書いてありますが、左手が動かなきゃ次の音にいけ~~N。

と、めげたりしていました。はぁ。

来週もこれまで手を抜きすぎていた事柄を整理しなおさないと、どうしようもなくなってきたのであまりエフェクタに嵌っていられそうにありません。あぁ、胃が痛い。

|

« FD2のケースプラン | トップページ | ひゃっほ~ぃ »

コメント

ギターは相対音階的な楽器なので、運指がわかるとあまり楽譜は気にならなくなります(だからタブ譜が売れる!)。ただそれではいずれ煮詰まるので、特に他の楽器の心得がある方の場合、本当は絶対音階的な世界(例えば鍵盤楽器)との置き換えが頭の中で出来るに越したことはないです。でもたいていのギター弾きはあまり気にしてないと思います。

わたしのギターの先生によると、わたしは音楽を鍵盤的(絶対音階的)に捉えているらしいのですが、実際にギターを弾いている時はなかなか絶対音階とはつながっていないです。特にリアルタイム処理では。なんとか2つの世界を結びつけるべく数年前から悪戦苦闘しています(それで一時期エフェクタ作りを休止していた)。

ギターの練習についてですが、ジャズをよく聴く方であれば、素直にジャズギター教室にでも行くのがよいような気がしています。もちろん先生との相性はあるので慎重に選ぶべきと思いますが、バークリーメソッドorリディアンクロマチックメソッド的な、現代の音楽を捉える上で非常に強力な理論で音楽を統合的に捉えることにより、なんとなく音楽における様々な事象が腑に落ちることが多くなるような気がします。

ちなみに、音楽理論を学んだところで、決して音楽がつまらなくなることもアイデアが減ることも無いです。現在の音楽理論はまだ決して完璧なものではないですし、学べば学ぶほどこれから先に完璧な音楽理論が現れるとは到底思えなくなるからです。

それでは失礼します。長文失礼。

投稿: ふふふ | 2007年4月 8日 (日) 15時21分

ふふふさん、アドバイスありがとうございます。
私の頭は完全に絶対音感的な取り方をしていますね。しかも単音楽器をやっているので複音が出ると、楽譜を読むのにも止まります。。。orz
ギターをやりたいと思った時にレッスン等も多少探してみたりしたのですが、レッスンの時間や費用の面でさらに増やすのが難しいです。おそらくどこまで本気で取り組むのか?というところだと思うのですが、ジャズに関する理論とアドリブに関してはトランペットでも必要なので、これはこれで本を買ってみたりしているのですが、人に習った方が理解と習得は早いのでしょうね。

投稿: clethra | 2007年4月 9日 (月) 08時04分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この指が・・・:

« FD2のケースプラン | トップページ | ひゃっほ~ぃ »