« うぐぅ | トップページ | 一時停止 »

2007年5月 5日 (土)

完成!?

Img_1297 やっとこさで完成?しました。相変わらずの無塗装&マジック書きです。実用性を考慮してコントロールはできるだけ上に、スイッチは下にしてあります。

昨晩瞬間的に公開した記事で入力と出力の接続を間違えたと報告しましたが、一応、繋ぎ換えてフォローしました。

Img_1294_1 仕様はまやさん公開のRevGにShakeさんの作例を真似してBias追加(切り替えは0.1uFに対してさらに0.1uFを並列にON/OFFで2種)です。クリッピングは現在はダイオード(4005&914),MosFET(BS170),LED(赤3mm)の切り替えです(これは全部ソケットなので後から好きにできます)。

違いとしてはShakeさんの例はDOD定数という事ですが、私のはまやさん定数です。その関係かわかりませんが、Biasポットに繋がる抵抗が100Ω(Shakeさんの例)のままだと発振してしまって仕方が無かったのでカット&トライで発振しない範囲で手持ちにあった1kにしています。この抵抗は値が低いほどBiasのポットが効くのでCompCutモード(これが一番発振しやすい?)が無ければ500Ωくらい前後で良いかと思います。

このBias関係の発振は製作上のミスの可能性もあるのですが、IC等の差異もあるのかもしれません。

で、追加仕様のBiasポットですが、Shakeさんの推薦どおりあると便利です。これがあるとToneやクリッピングの具合で高音が耳につくときに抑えられるのでこれから作られる方は追加しておくと音色を作る大分幅が広がると思います。

で、先日解決した(事になっている)Boost回りですが、製品がどうなのかわからないのですが、Driveを全開にしておくとBoost(Max)してもあまり違いが出ないのですが、かなり差があるものなのでしょうか?はて?

それと、電源の昇圧(18V)をやってみましたが、ヘッドフォンで聞く限りではCompCutモード以外はあまり差がありませんでした。CompCutモードでも多少奥行きが出るくらいだったので、昇圧したいときは入力に18Vを差せば十分だと思い、昇圧回路の内蔵はなしです。

あとは、クリッピングの種類ですが、現状の感じでもダイオードとMosFetの音は似た傾向なので、また他の物を試して見たいと思います。LEDはこれはこれで別系統っぽいので残りそうです。

全体としての感想は「音色にかなり幅がある」という感じです(今回の製作はその方向にしているせいもありますが)。調整範囲が結構あるのでこれ1台でかなりの範囲をカバーできるのではないでしょうか?TubeDrvはどこまで行っても固有の音なのでそれはそれで漢なのですが。

|

« うぐぅ | トップページ | 一時停止 »

コメント

>ダイオードとMosFet

むむ、聞き捨てならぬ言葉を・・ww

思いっきり歪ませている、オペアンプで歪んでいる、などの時は同じ傾向だと思いますが、歪みかけのときは明らかに違うはずだと思いますが、いかがでしょ??

投稿: r0r0 | 2007年5月 5日 (土) 22時23分

ブレッドボードのテストの時はもう少し出音が違っていた気がするのですが、ケースに組んでしまうと余り変わらないのです。多少環境的な問題もあるのでしょうが・・・。
でもってまたDrive具合を変えて聞いてみたのですが、こもり具合は確実に違う(ダイオード側がこもった感じになる)のですが、脳内オシロ的イメージの歪みは同じ感じなのですよね・・・。
もっと違うべきでしょうか?

投稿: clethra | 2007年5月 5日 (土) 22時53分

まぁ、MOSFETをダイオードになるように使っているから同じように聞こえてしまうのも仕方ないですね^^;
今度は是非MOSFETそのものを歪ます方向で・・・・・・

投稿: r0r0 | 2007年5月 6日 (日) 11時35分

完成おめでとうございます!!!
DriveポットフルでBoostONと歪み具合があまり感じないのは僕も同じです。
以前、現物所有していたときも同じような感じはありました。
僕は使い方として、Driveは軽めでクランチ的に使い、歪が欲しいときはBoostをONにしてます。TubeDriverには全く敵わないですけどね(^^;;
まぁ異質の歪みとして使います。
Bias抵抗100Ωが他の定数違いかどうかは微妙ですね。
そんなに定数は違いませんから。

投稿: シャケ | 2007年5月 6日 (日) 13時28分

>r0r0さん
そういう意味でしたか・・・汁。MosFETの歪みというと入力の信号の強さでクリップさせるって事ですよね?ある意味初期製作段階のBlackFingerの初段のようなものでしょうか・・・

>シャケさん
ありがとうございます。それではBoostは大体良いのですね。太さはTubeDrvが上ですが、汎用性はFD2の方が高いかもしれません。
先日のブログにも書いていますが、Bias抵抗はまやさん定数だと4.7kΩなので現状でも低いのですよね・・・。発振自体は私の4558の癖なのかもしれません。
現状でも、INPUTにプラグを差さずにエフェクトをアンプに繋ぐと、かってにピーっと発振しています。原因はよくわかりませんが、症状は固定なので、他のICに変えたりしてみれば多少分かるかもしれません。つくづく勉強が足りなくてすみません。
けど、発振直前(とはいえコントロールできませんが)の高音域の出方は ぁ ゃιくって独自の雰囲気ありますね。

投稿: clethra | 2007年5月 6日 (日) 17時46分

完成おめでとうございます〜。
クリップする素子についてですが、わたしはゲルマとショットキーとLEDとふつーのシリコンぐらいは(そもそも音量が違うので)まあ区別がつきますが、品種になるとスクリーニングしたくないぐらいわからないです。

r0r0さんとこのsuperedgeはオシロで見ても音量に対してスムースに歪みが変化していて、半導体LOVEな自分としては頼もしい限りです。なんのこっちゃ。

ちなみにわたしも無塗装マジック書き派です。派閥を作るほどのものでもないですが。

投稿: ふふふ | 2007年5月 8日 (火) 23時52分

>ふふふさん
クリッピング素子の違いはどの程度あるのかわかりませんが、実験した事がないので(違わないという結果になろうと)やってみようかと思います。
実際、音量やソースによっても変わってくると思いますし。体調、気分で好みも変わるのでまさに自己満足な実験でしょうが・・・汗。

無塗装マジック派?には大御所の松美庵さんがおられますのですが、普及しませんね(そういう問題でもないですが)。これからもこそこそと無塗装FX増やしていきます。

r0r0さんのsuperedgeはお城でも綺麗なのですか・・・。Tr探してみましょうかね・・・。

投稿: clethra | 2007年5月10日 (木) 07時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 完成!?:

« うぐぅ | トップページ | 一時停止 »