« 買っちゃった | トップページ | あれま・・・ »

2007年6月30日 (土)

これで良いのか・・・

Img_1452 で、GT2完成版?です。ノブは適当に乗っけてあるだけです。

結局、配線の間違い探しがわからず、回路図を見ていてもCaliforniaとBritishは信号が大きくなる構造のようなので、これで良しとしてしまいました。ネットを見ていたら、GT2が「歪みFX」として分類されている風もありましたし、こういうものなのですかね・・・実物知らないのが痛い・・・(ToT)。

まぁ、シミュレータだと思って製作していましたが、Tonepadの分類もディストーションになっているので間違っていないのかも。クリーン系の音に多少期待していただけにちょっと残念です(結局クリーントーンになるのはTweedだけ?)。

製作時に多少気になっていたノイズもケースの蓋をしたら治まったので良しとしています。

感想ですが・・・使い方次第で生かすも殺すも自由自在という感じですね。出音は確かにアンプっぽいといえばそうなのかもしれませんが、実物(マーシャルやフェンダー等)の違いが分かる男ではないのでそんな気分という感じでしょうか。自分の機材持ち込みで音作りをするならお気に入りの単品FXで組めばよいのでしょうが、現場のアンプで音作りに使うようならこちらの方が便利なのかもしれません。

ユニバーサル基板でも製作自体はそれほど大変ではありませんでしたが、もし、同様にユニバーサルで製作されようとする方がおられましたら、素人工作員さんの配置は2ピンの配置で3本線を通す箇所が数箇所ありますので絶縁には注意されるとよいかと思います。あと、220uFは50V耐圧は大きくてケースがギリなので16V(昇圧しないなら)か25Vくらいの物の使用をお薦めします。あくまで自己責任ですが。

|

« 買っちゃった | トップページ | あれま・・・ »

コメント

おはようござます。
SansAmp GT2の完成、おめでとうございます。
確かに実機と比較しないと。不安になりますよね。
真空管よりトランジスタのアンプの方が相性が良いようですが、いずれにせよ「歪系」と思ったほうが良いです。
僕も製作を考えたのですが、スイッチ部の穴あけ加工が面倒そうなので無期延期中です。(笑)

投稿: もねぱぱ | 2007年6月30日 (土) 09時52分

こんにちは。完成のようですね。おめでとうございます。
多少の差はあるようですが、僕のやつもクリーンと呼べる音がでるのはTweedだけです。
発振の状況はClethraさんのとは少しだけ異なります。同じセッティングにするとBrithshとCaliforniaが発振しまくりのは同様ですが、Tweedで確実に発振するのはHotWregだけで、HiGainだとギリギリ手前、仮に大き目のアンプに繋いでフィードバック音が加わると発振するかも、という感じですね。オリジナルも発振するようですからこういう物なのでしょう。
Fender好きなので殆どTweedモードしか使っていないのですが、ModをCleanかHiGain、Micはいろいろセットして遊んでます。全体としてちょっと高音よりな音質で僕の好みと合わないのでLowをブースト、Highはカットしてます。

話は変わりますが、ブログをリンクさせて戴いてもよろしいでしょうか。先日の様に更新を見落として遅れたコメントをしてしまうと申し訳ないので。(笑)

投稿: わらしべ | 2007年6月30日 (土) 13時04分

>もねぱぱさん
やはり歪み系ですか・・・。スイッチの穴あけは面倒そうですので私も手を出していませんでした(最後はずるですが)。一応、ギャレットさん等で売っている12P ミニトグルスイッチ(ON-ON-ON)を使えばトグルで簡単に実現も可能だと思います。1個980円なので手が出ませんでしたが・・・。

>わらしべさん
詳しいお話ありがとうございます。発振についてはとりあえず気にしないことにしました。歪み具合から、全ノブフルアップなんてほぼあり得ないという前提で・・・。とりあえず、トリムをギリギリまで絞ってもバイパス音以上の音量は確保できているようなので発振状況は大分良くはなっています。私もTweedモードが好きです。ここ最近はトーン0のこもった音を軽くゆがめる位が好きなのです・・・。
ブログのリンクは是非お願いします。私のリンクにも加えさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。

投稿: clethra | 2007年6月30日 (土) 14時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これで良いのか・・・:

« 買っちゃった | トップページ | あれま・・・ »