« HeyVibe終了~ | トップページ | 凹 »

2007年7月13日 (金)

シミュレータ紹介

お久しぶりです。

次製作の準備はすすめているのですが、資料集めまで手が回らず止まっています。多少仕事が忙しくなってきたりイベントが重なったりしてなかなか時間が取れなくなっているようです。作りたいのはひよこさんのオートワウですが・・・。

ということで、今日は私が最近お世話になっているシミュレータの紹介をします。

[1]SIMetrix/SIMPLIS(http://www.catena.uk.com/site/index.htm)

・r0r0さんご推薦のフリーのシミュレータです。

・一般的なトランジスタ系やオペアンプ等のデータも入っているのでそのままでかなり使えます。回路規模もエフェクタレベルなら十分いけるようです。

・フリーですがダウンロードにはメールアドレス等の登録が必須です。

こちらに先に挑戦しましたが、英語ばかりでしかも専門外の私には意味不明の単語すぎていきなり挫折して下の物になじみかけています。先日やっと簡単な使い方を紹介しているサイトを見つけてなんとか・・・くらいです。

[2] LTspice/SwCADIII(ダウンロードサイトは必要ならググったりしてください)

・こちらもspiceベース?のシミュレータです。

こちらも英語ですが、直感的に使いやすいので、最近の勉強にはこちらを使っています。ただ、TL072のデータすら入っていませんのでインストール後にトランジスタ等の組み込みをしないといけませんが、親切な解説ページもありますので私でもなんとかなりました。

現状最大の問題として可変抵抗が書けません(書けるなら書き方と使い方教えてください。)。上記のSIMetrix/SIMPLISは可変抵抗も使えますし、可変させたときの変化を同じグラフに表示できたりするので、こちらの方が機能的には確実にお薦めです(私は使えないだけで使えるならこちらをメインにしたいです)。

とりあえず上記2つのデータの互換性は無い模様です。私にはなんともできませんでした。

 

どちらにしても、全然使いこなせてはいませんが、知りたいことも信号の増幅具合とか、フィルタの掛かり具合等の簡単な事なのでなんとかなっている感じです。フィルタに関しては自分で計算する方が勉強には良いのでしょうが・・・。

回路シミュについても色々と意見はありますが、私的には「必要に応じて使えるに越したことは無い」という結論です。

最近またシミュレートなのかシュミレートなのか混乱してます・・・うぐぅ。

|

« HeyVibe終了~ | トップページ | 凹 »

コメント

こんにちは、LTの解説ページでspice自体の使い方とか、この回路のこの変化を見たいときにはどういう解析をすればいいのかとか、そういった基本的なことを学んでから、SIMetrixに移行するといいと思いますよ。
SIMetrixはそれこそいろんなところで公開されているモデルをドラッグ&ドロップしてやると、たいてい使えるようになるし回路エディタもLTより使いやすいと思います。

まぁ最終的には自分の使いやすいほうでいいと思います。

投稿: r0r0 | 2007年7月14日 (土) 15時35分

>r0r0さん
ありがとうございます。
Simetrixは使えたら便利だと思うのですが、おっしゃるように「どういう解析を」の部分をもう少しやらないと何が出ているのかわからなくなってしまいますね。
ところで、先日SHOをSIMetrixの勉強がてら書いて動かしたのですが、電圧増幅のグラフがカクカクになってしまいました(クリッピングしているのではなくてSin波が曲線にならない感じです)。r0r0さんのグラフは綺麗な曲線で表示されていたのですが、何か設定があるのでしょうか・・・。

投稿: clethra | 2007年7月15日 (日) 09時54分

そしたら、僕が作ってみたファイルを見てみてくださいな。
といっても、人にお見せできるほどすばらしいものでもありませんが・・・・
http://www.k2.dion.ne.jp/~vqn_npv/zmodels.lb
まず、上のファイルをSIMetrixのコマンドプロンプトにドラッグアンドドロップするとBS170が使えるようになります。
http://www.k2.dion.ne.jp/~vqn_npv/SHO.sxsch
で、こっちのファイルがSHOの回路のファイルです。
clethraさんが入力してみたファイルを一緒に開いて比べてみるといいかと思います。
ちなみに、VR1を選択してSHIFT+↑とかSHIFT+↓で、VRを動かしている気分に浸れます。

投稿: r0r0 | 2007年7月15日 (日) 16時44分

r0r0さん
ありがとうございます。ファイル頂きました。

先ほどまで自分のファイルと見比べたりしていたのですが、[ChooseAnalysis]の部分はまったく謎だらけでわかっていませんでした。おかげさまで自分のファイルでも綺麗な曲線のグラフにすることができました。
VRのシフトキー+↑操作はかなり便利で使えますね。調子にのってグラフを増やすと消すのが大変になりましたが。

私がシミュレータを使って何をどこまでするのか自分でもわかっていませんが今後ともどうぞよろしくお願いします。
後は「シミュたら作れ!」ですね・・・。

投稿: clethra | 2007年7月15日 (日) 20時07分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シミュレータ紹介:

« HeyVibe終了~ | トップページ | 凹 »