« 頭の体操 | トップページ | 楽しい宿題2 »

2007年8月28日 (火)

楽しい宿題1

B 私の自作ギターアンプ"AA764"ベースの原典であるところのシルバーフェイスのChampをお借りすることができましたので多少比較などしてみました。

という訳で2台ならべての記念写真です。Champのアップの方が良いですか?

とりあえず、持ち主の方からフルオリか見ておいてと言われていましたが、私はプロではないので分かる範囲で・・・。

うん。きっとフルオリです。(鬼

多少真面目に見たところでは、参考資料としてThe Fender Amp Field Guideしか知りませんのでそこのデータを見てみました。

見た目は"The Fender Amp Field Guide"とロゴの入り方が違いますが、プレートに加工の後等ないので普通にロゴが後期で変わったのでしょう(鬼

で、スピーカーグリルのロゴは"R"付きで、クロスはオレンジラインなので、76-80年製という事になるのでしょう。

その他、ノブも資料通りでした。止めネジ錆びてるし(ってなんの証拠にもなりませんか・・・)

で、出音についてですが、私のアンプと比較しました(これが最大の目的)。結局私の主観ですが、音の感じは大体同じです。ただ、Champの方が音が軽いというか乾いているというか・・・。言うなればよりフェンダーっぽい感じです。私のアンプでもブライトスイッチを入れると同じような高音の出方になるのですが・・・。

いろいろとノブを弄ってみたりしましたが、結論として「兄弟より遠いけど親戚よりは近いかな?」くらいの関係です。

ハムノイズは私のアンプが圧勝です。ってか、やはり出すぎだと分かりました。orz

今後また電源部見直します!。

それと、フルテンにした際の音量がなぜかChampの方が小さいです。私のアンプは回路の電圧落として(製作当時の資料が残っていないので測定値不明)いますし、結局4W前後になっていたかと思うのですが、公称6WのChampの方が小さいのは謎です。Champは一応定格120Vなので単純には比較できませんが、電源部の電圧を拾ってみたところ、回路図の値の90%前後の値となっていて、真空管アンプのずれとしては許容範囲ギリギリかとも思いますが、この影響もあるかと。(音量にはスピーカーの効率も関係していると思うのですがその辺は理解できていないので説明できません。)

内部を見たところ、上記"The Fender Amp Field Guide"で掲載されている回路図との違いがほんのちょっとだけありました。その辺りと内部の写真についてはまた後日できれば。

(多分続く)

|

« 頭の体操 | トップページ | 楽しい宿題2 »

コメント

ありがとうございます!

投稿: タカタカ | 2007年8月28日 (火) 06時22分

タカタカさんこんばんは。

こちらこそ本当にありがとうございます。ブログに載せていないことも含めてかなり勉強になりました。。

それと十分に気をつけていたつもりでしたが、1箇所ミスをしてしまいました。申し訳ありません。
現状音が出なくなるとかそういった内容ではありませんが、また後日の練習日にでも相談させて頂きたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: clethra | 2007年8月28日 (火) 23時09分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい宿題1:

« 頭の体操 | トップページ | 楽しい宿題2 »