« 流行もの? | トップページ | ノイズ大体OK? »

2007年10月31日 (水)

アッテネータ

Img_1594 見にくい写真ですが、ギターアンプ用のアッテネータ作ってみました。試作状態です。

定数はgatyさんの10Ω-47Ω-10Ωを使わせて頂きました。私の作っているアンプも18Wということで、計算も、大体そんな物だろうということで。gatyさんありがとうございます。

で、一番電力消費の高い最初の10Ω分は8Ωの50Wのクラッド抵抗(8Ω)と16Wのホーロー抵抗(2Ω)にしています。その他は全部10Wのセメント抵抗です。gatyさんの計算によると最後の10ΩのW数はもっと低くても良さそうですね。

で、この定数ですと大雑把に20dBくらいの減衰なのですが、これだと、チャンプで使うにはフルテンで歪んだ音を出すには丁度くらいなのですが、18Wのアンプだとまだ音量が厳しいということで、47Ωを150Ωにして、なんちゃって30dBくらいの減衰にしたところ、まぁ我慢できるくらいの音量にできました。ですので真中の抵抗だけ47Ωと150Ωの切り替え式にしようかと思います。こんなところでスイッチを通すのは邪道なのでしょうが差し当たり気にしない方向で。とりあえずは実装方法をこれから考えます。現在は抵抗自体切り替える必要がありますが、それよりも150Ωに並列に68Ωを足すスイッチをつけた方が良さそうでしょうか?実際にこのアンプに組むスピーカーは別の物なので最終的な調整はもっと後になると思います。

そうそう、発熱ですが、クラッド抵抗はアルミのヒートシンク(写真の黒い台)の上に置いてますがこの状態なら18Wアンプで20分くらいフルテンで遊んでいても手で触れるくらいの発熱で済みそうです。

あぁ、それと音色についてですが、変化している気がします。実際のフルテンとはなかなか比較できそうにありませんが・・・。

|

« 流行もの? | トップページ | ノイズ大体OK? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アッテネータ:

« 流行もの? | トップページ | ノイズ大体OK? »