« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月19日 (水)

再測定

こんばんは。おひさしぶりです。

前回のデータはどうも枠の関係で見えないようですね・・・。

今回は室温を上げて強引に測ってみました。

で、また生データ

低温

テイオン

No Ices(mV) Iceo(mV) Iceo(mA) Ic(mV)

シン

のhFE
1 18 164 65.6 562 39.8
2 28 383 153.2 1163 78
3 18.9 178 71.2 572 39.4
4 15.6 132 52.8 480 34.8
5 14.7 137 54.8 473 33.6
6 24.4 221 88.4 673 45.2
7 14.6 117 46.8 415 29.8
8 18.4 141 56.4 452 31.1
9 27.7 349 139.6 1054 70.5
10 22 206 82.4 602 39.6
11 10 59 23.6 214 15.5
12 16 97 38.8 370 27.3

室温

シツオン

No Ices(mV) Iceo(mV) Iceo(mA) Ic(mV)

シン

のhFE
1 68.3 760 304 1326 56.6
2 120 1948 779.2 3084 113.6
3 86 988 395.2 1580 59.2
4 65.2 665 266 1176 51.1
5 58.3 694 277.6 1192 49.8
6 128 1390 556 2030 64
7 81.3 815 326 1261 44.6
8 80.4 766 306.4 1242 47.6
9 123 1602 640.8 2497 89.5
10 102 1215 486 1798 58.3
11 53 410 164 653 24.3
12 64.5 488 195.2 882 39.4

色を塗ってありますが、それぞれをグループにして測定するようにしてみました。結局の測定時の温度としては低温時が恐らく10度前後、本日の測定が18~20℃の間くらいとなると思います。低温時と室温時の真のhFEの比率はNo9以外は1.4倍前後に固まっているので大雑把な測定環境でしたがそれなりに信用できるデータを拾えていると思います。

で、私にとっての元ネタとなるふふふさんのデータと比較してみると、温度依存性については目を細めて見れば、まぁ概ね似た感じになっていると思います。

その他の値や分布については統計の処理方法がよくわからないのでやっていません(測定の目的がペアの選定でしたし)。

で、上記ふふふさんの解析として1段目に向いていると思われる条件「1段目のhFEは真のhFEベースで30以上、Iceoは0.27mA以下であることが必須。2段目は不良品でなければだいたいOK。」(記事抜粋)らしいので、この条件で且つある程度のペアとして考えられるのはNo4,5のペア(Iceoに目をつぶってNo6,7のペア?)くらいとなりそうです。無作為にふったナンバリングなのに、ここで数字が並んでいるのが非常に疑わしいのですが・・・orz。

で、さらに記事の中で「最高の逸品は1段目のhFEが真のhFEベースで50以上、Iceoが0.2mA以下である個体の中にこそ含まれるはずだと思っております。」(同記事抜粋)と主観として述べられていますが、今回の測定から、これがどんな条件か、なんとなく感じてもらえるかと思います。

とりあえず、手持ちのAC128の癖はこれで大体わかったはずですので、これからはブレッドボードでのテストとFFFuzzFaceの配置図をやっていく予定です・・・orz。すでにこれだけ癖がわかってるならコレクタ抵抗をトリムにするだけでいいかな・・・とか思い始めていますが、それでも温度依存性の低いゲルマFuzzは捨てがたい・・・mu~

あ、そうそう、BoxOfToneの回路図と配置図ですが、mitaidesuka?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

測定始めました・・・

Img_1664 FuzzFace(以下FF)を作ろうかと思います。

目指すのはFFFさんのFFFuzzFaceです。

という事で、先日の通販時にAC128を10個買っておきました。以前FuzzFuctoryを作ろうと思って結局止めた時に買った2個もあるので計12個からマッチングです。

で、ふふふさんのブログに掲載されている測定方法で測っているのですが・・・こいつら温度に敏感すぎです・・・。手で触るのはもちろん、エアコンの風もかなり効きます。

室温が手がかじかむ程度に低い状態(つまりエアコンなし)では一通り放置プレイ込みで測定できたのですが、人心地にエアコン(設定23度の暖房)をかけるとその温度変化に引きづられてまともに測定がきません。ということでとりあえずひき続き測定してみますが現状のデータを載せてみます。

測定結果の生データ(室温:低温、各IはmV単位)。

No Ices Iceo Ic hFE

シン

のhFE
1 18 164 562 56.2 39.8
2 28 383 1163 116.3 78
3 18.9 178 572 57.2 39.4
4 15.6 132 480 48 34.8
5 14.7 137 473 47.3 33.6
6 24.4 221 673 67.3 45.2
7 14.6 117 415 41.5 29.8
8 18.4 141 452 45.2 31.1
9 27.7 349 1054 105.4 70.5
10 22 206 602 60.2 39.6
11 10 59 214 21.4 15.5
12 16 97 370 37 27.3

この表はエクセルからコピーしてきたのですが・・・今知りました・・・勝手にルビが振られてる・・・。

変な読みで変換してたらばれますな・・・。

あ、そうそう、マッチングが取れなかったら、ふふふさんが提案しているもう1つのコレクタ抵抗可変型にする予定です。どちらにしても余ったAC128どうしたものか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

まだ問題が・・・

Img_1662 すでにワンノブではないのにカテゴリーはワンノブのまま・・・その辺はご了承ください。

さて、組み込みまで終了しましたが最後に問題が・・・。

先日公開しました通り基板をトーンポットの背中に貼り付けてあるわけですが、貼り付けたポットはギャレットさん購入の物でした。

つまり、インチ系・・・手持ちのノブが入りませ~ん(T_T)

あぁ・・・在庫にミリシャフトの500kAもあったのに・・・orz。

というわけで、次回以降の通販でノブを買うまでこの状態だと思われます。

で、のっぺらぼうの理由②・・・名前が無いの・・・。SHO+Dr.ZのToneなのでBox of ~系統の名称にすべきかもしれませんが、まぁ決めかねてます。というよりあまり真面目に考えていません。

そうそう、SHOのボリュームポット(写真ケース上側)ですが、何かに使う予定で在庫にあった5kAを使用しました。これを1,2ピンを使用して接続していますので、反時計回りで音量が大きくなりますが、エフェクタ正面から操作する分には意外に違和感無いのでこれでOKとします。音量変化もAカーブ(だから本来はCカーブ?)の方が違和感無いです。

次回以降、変更した回路図と配置図を公開するかどうか・・・というところです。差し当たり机上の整理をしないとヤバイのでそこから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

ややお疲れ

Img_1659 基板組みしてみました。

こんな感じです。ポットの背中にホットボンドで貼り付けてあります。

配置図等はまた今度以降で・・・ところで、ワンノブ企画でしたが、さしあたり挫折を宣言します。

というのも、この状態で音出しテストしてみたのですが、音量コントロールがないと厳しすぎる。。。orz

というわけでケース上側に穴を追加してVolを増設しますので結局2ノブとなってしまいます。うぐぅ。

まぁ、ワンノブ企画はこれからもボーっと考える方向で。。。

ところで、手元の在庫で、ある程度のポットがあるのですが、1k,2kときて次が10kとなっております。・・・5kが無いよ・・・orz。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »