2007年6月 5日 (火)

BB完成♪

Img_1430 Img_1421 ここのところ、アンケートの集計ばかりやっている気がしていますが、とりあえず完成♪

ポットは左の写真で、左からゲイン、トーン、ボリューム、その右にFatモードの切り替えスイッチです。で、出力ジャック面横にAV切り替えスイッチ(これはAVモードを"Hi Cut"という名前にしました。そんな感じなので)。かなりの詰め込みッぷりです。ポットは長穴気味にしてなんとか入れてあります。ポットはともかく、スイッチは小型のものを使うのが絶対吉です。

基板パターンは先日公開していますが、AV切り替え部はもう少し省略できるのかもしれません。私は考えるのが面倒になったのでゴッソリ切り替え式にしていまっていますが・・・。

最後まで悩んだクリッピングですが、1N914はジャーという感じで、BS170はザーという感じです。まず伝わらないと思いますが、まぁ、この辺りは自分の耳で確認しなければどうしようもないかと・・・。914の方が高音までジャーと出ている感じなのですが、BS170よりもコード弾きで音が薄く感じたので、結局BS170にしました。折角FET使えるように基板を組んだからというのも理由の一つです。

おそらく914で組んだ方がこのエフェクタの持ち味が出ると思います(そう思うなら自分がそうしろ!とか言わないでください)。

ゲインが足りなければ松美庵さんの作例のように抵抗を足そうかと思っていましたが、とりあえず十分なのでそのままです。方法がわかっているだけでもありがたいものです。

その他の感想は松美庵さんのレビューどおりです。高音がかなり出ているのにそんなに耳にキンキンとは来ません、ノイズが載ったように聞こえます。

あと、独自といえば独自なのですが、コードが薄いというか、平面的な感じで聞こえます。コード自体が潰れないのですが、なんか薄い~という感じ・・・表現できませんが、そんなイメージです。

Fatモードはゲインと低音が増えます。それこそ、ブリブリって感じです。私はゲイン上げてFatモードにした音はちょっと苦手かもしれません。

AV切り替えは気になるノイズ周辺がカットされて音が丸くなります。どちらの音も良いのですが、AVモードはこのエフェクタの味の部分を落としてしまうようで、普通のOD寄りになってしまいます(比較すると、という意味で)。ですので、このエフェクタを使うなら自分の値を決めるか、ノーマル定数で頑張るのが漢かと。そうでなければ好みが合わないということで他のOD探した方が良いのかもしれません。これを切り替えで組んでおくことで、普通に音作りの幅は広がりますので、まぁ、お好みで・・・(逃げ)

こんな感じでどうでしょうか?結局、松美庵さんのレビューの焼きまわしということで。

すみません。今日はちょっと投げ槍な日なので勘弁してあげてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

Blues Breaker部品配置図

Bb 音が出たのでBlues Breakerの部品配置図公開します。

基板サイズ自体はsizeAのケースでもいけますが、スイッチの関係でタカチの7-10-3で詰め込み中です。写真はまた後日。

とはいえ、すでに松美庵さんの掲示板で質問時に公開していますが・・・。

このパターンで作る人がいるかわかりませんが、とりあえず注意点を。

1箇所、地獄があります(AV切り替え部品の縦27kと縦33kの抵抗、その両脇に0.01uFのコンデンサという隙間穴からケーブルを出さねばなりません。これだけで20分近くかかりました。O=(__;;;)

あと、IC下のコンデンサのおかげで、IC装着後に外すのが困難です。私はAVXのフィルムコンデンサを使ったのでハマリましたが、マーシャル系という事でセラミックコンデンサを使った方が良いかもしれません。頑張れば外せると思いますが保証できません。

クリッピング部はFETクリッピングができるように3穴づつにしてありますので、クリッパ交換無しで組むなら不要な線があります。

全体として、AVXのフィルムコンデンサのサイズで書いていますのでセラコン使うならもっと詰められるかもしれません。

これからバンドの本番と練習(何故かこの順番)なのでその他気づいた注意等はまた追々追加ということで・・・。|_-))コソコソ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

基板はボチボチ

Img_1418 BBの基板です。結局27kの抵抗が足りない以外は実装は終了です。追加分は在り合わせなので10pの代わりに5p x2だったり違うコンデンサが載っていたりしていますが、その辺はご愛嬌で。マーシャル系はコンデンサはセラミックが基本と聞いた気がしますが、拘りは無いので普通です(忘れてたYo~)。

とりあえず、明日or明後日くらいにスイッチ回り等の配線&ポットの仮付けをして音が出せたらいいなぁ~くらいです。

素直に音が出るかはわかりませんが・・・。

クリッピング部は多少小細工しています。詳細はまた後日ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

なんとか

本日は(も)飲みすぎでもう駄目です。

お酒に弱いのに飲みすぎてしまう習性をなんとかしたいと思いつつ、ちろっと更新しておきます。

Blues Breakerのレイアウトはとりあえず完成しました。あとは製作して音がちゃんとでたら公開することにします。とはいえ、製作例の多い物だけにあれですが。

あぁ・・・気持ち悪ぅ・・・orz。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

ぼちぼち再開?

Img_1352 ご無沙汰しておりました。

ぼちぼち自作を再開しようかと思い、リハビリも兼ねて比較的部品点数の少ないBlues Breakerを進める事にしました。

これについては松美庵さんが記事にされたFatモードなるものの追加を考えていたのですが・・・追加分の部品が足りません・・・orz。

しかも、最近、松美庵さんのサイトでAV版の製作記事も発表されているではないですか、その中で「結局、切り替え式にするのがベターかな(^^)。」と結論付けられてしまってはベターにしたくなるではないですか。

当然・・・部品が足りません・・・orz

まぁ、いつも定数ギリギリで注文するのが悪いのですけどね。そろそろありがちな抵抗類は100本買いすべきですね。

さて、部品が無いのは置いといて、差し当たり、この「切り替え」が厄介です。気楽にTonepadのパターンで組むつもりが、これだと切り替え分の配置スペースがありません。

そんなこんなで、リハビリという事もありますし、基板パターンの作成(修正)からやる事にしました。完成は一体いつになるのやら。

写真は既にサイズカット済みの基板です。この中に収まるようにするということで、これまでより難易度が上がってしまいました。(とはいえ、元々Tonepadのパターンに多少余裕のあるのでなんとかなると・・・思います・・・なるといいなぁ・・・無理かなぁ・・・まぁ土地がたりなきゃ抵抗は立てればいいや、みたいな感じで進めます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)