2007年4月24日 (火)

感想

三相コーラスの原音ミックスやってみました。ギターはセミアコです。

Tone効かせた状態なら原音は無い方が空気感と爽やか感がでます。比率的(私的感覚)にはコーラス8の実音2くらいまでで、それ以上原音を足すと広がり感が薄くなっていく感じです。腕の問題もあるのでしょうが、ステレオで出している性か、コーラスと実音が分離していく感じなのです。

逆にToneを0にしたときには原音7でコーラス3(もしくはそれ以下)くらいにすると雰囲気が出ます。これくらいの割合での3弦辺りの音は、そらもう甘くて爽やかでとても良い感じです。うす~くかけている時にもかなり空気感が出ているようで、コーラス側のアンプの音量を0にすると雰囲気が全然変わります。爽やか感と秀逸です。コンパクト化はかなりシンドそうですが・・・。

しかし・・・爽やかな空気の中で、JCのサーノイズとコーラスのピーノイズは気になる・・・。

好みも環境も感覚も人それぞれでしょうから、ここに私の感想を書いてみたところで何の説明にもならないとは思いますが、一応、感じたことを書いてみました。

ラック仕様のコーラスの音は聞いたことが無いので(というより、コンパクトも自作のみ)その辺りだとどんななるのだろう?とかは思いますが、貴重な経験をさせてもらいました。

後は、次の人が決まるまで回路をもうちょっと勉強しつつ追いかけてみようかと・・・汗。

FD2もそろそろ音を聞きたい頃だし、現実逃避に走り回りたい今日この頃です。あひぃ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

むへ(タイトル変更)

Img_1274_1 午前中は吹奏楽、昼から友人のカート大会、夕方からジャズバンドというわけのわからないスケジュールが終わりまして、わずかの空き時間にご開帳していただきました。

ここからは完全に予想で書かせていただきます。

右上から3つならんでいるのは元になっているコーラス、右下の基板が入力バッファ&出力バッファ?その左の基板がフットスイッチ用の基板?で、左の物がLFO発振ユニットらしいです。銅テープが巻かれているのが電源アダプタでLFO基板の横にレギュレータとコンデンサで電源部がいます。真中にいる抵抗君は何かに使う?謎の物体Xです。

たぶんそんな感じじゃないかな~という勘で仕組みを見てみると、入力バッファで分岐された信号はそれぞれのエフェクタ基板の入力に入って出力から出る。それを出力のバッファで合わせて出力する感じですか?・・・って、それじゃそのまんまですね。

コーラス基板上のTrが1個外されていて、かつ謎のVolポットの2番端子の基板が削られていますが、この辺で原音をカットしているのかどうか・・・よくわかりません?

ここから先は、予想すらできない範囲でさらによくわからないのですが、このコーラスのミソになっているのLFO発振基板で三相になるようにLFOをつくっている部分です・・・どうなっているのやら・・・。それはともかく、そこで三相を整えておいて、それぞれの信号をコーラス基板上のBBDのクロック信号に入れて揺らしている?という事なのでしょうか?

あぁ、疑問符ばかりで全然わからんです。それぞれの箇所の音を聞いてみればもうちょっとわかるのかもしれませんがわかるのは原音カット分だけかもしれません。うひぃ~。

chuckさんのサイトを読み直していたら入力バッファは5回路用意してあるようなので、そこから原音をもらって2台のアンプでステレオで鳴らしてみたいなぁとか思っています(音量バランス弄れるので)。うまくいったらまたネタにさせていただきます。

どうでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

ちょっと触ってみました。

やっとイベントが一段落(とは言えなくなってきましたが)なので、ちょっと三相コーラス触ってみました。

また夜間のチェックなので、JC77でボリュームが2.5くらいの小さな音でやってます。ギター側は6ぐらい。

自作CE-2と比べてみると・・・あれ?RATE効いてないんじゃね?という驚きの発見をすることになりましたが、それはともかく、その後に自作SmallCloneを繋いで見たのですが、エグサでいうならこれが一番エフェクト的にエグイくかかります。といいますか、コーラスで無くなります。とはいえ、三相コーラスは掛かり具合の調整ノブが何も無いので一概には言えませんが。

実音でCE-2のテストするのも考えてみれば初めてかも・・・。これとJCのコーラスは回路的にはほぼ同一といった記載を見たことある気がするのですが、コーラス音は全然別物です。JCのステレオ音は無敵かも。

そんな感じでエフェクタを差し替えてみたのですが、そんな感じで、根本的に比較にならない感じです。空間の広がり感(コーラスの本質的な部分)に関しては三相コーラスがかなり出ている感じがします。といいますか、比較になりません。これに比べると、自作の2種は全然空間の広がりが出てません。駄目駄目です。

現状ですと、JC搭載のコーラスが我が家で最も広がりの出るコーラスですが、それとほぼ同じくらいの広がり感があります。JCコーラスは出力でステレオされている訳で、ある意味ずるしているわけですが、それと同程度に感じるので、モノラルでもこんなに広がるんだぁ~という感じです。

まぁ、SmallCloneはOutを2個つけて製作してるので、真空管ギターアンプに繋げばステレオ勝負ができる筈なので、またやってみます。

で、入力元のギターをAM200(セミアコ)と先日紹介したフェルナンデス君と換えてみましたが、ギターの音色の違いは結構吸収されてしまいます。違うといえば違うのですが、なんというか、やはりエフェクタ自体の音色が勝ってると言うか前に出ている感じを受けました。それ自体が嫌味な音ではないので良いのですが、セミアコの甘めの感じもフェルナンデスの頼りない(?)感じも薄まってしまうのが・・・。

その他、ODとか入れたりしてないので、それはまた後日ということで・・・。

で、試していて気づいたのですが、ピィ~ってなにか発振音のようなものが聞こえます・・・コーラスの波にあわせて「ぴぃ~ぃい~ぃい~ぃ」とウネッっているので、3つの内のどれかが発振しているのか?変な電波拾っているのでしょうか?はて?

小さい音でテストしているので余計に気になるのかもしれません。明日以降で内部を見せて頂きたいと思います。(しかし、きっと理解できないことでしょう♪)

ところで、私が今テストに使っている部屋はシアタールーム兼練習室として使えるように、一応の防音仕様にしてあるのですが、エレキギターの音ってかなり抜けてしまうのですよね・・・。田舎の団地なので夜が静かな性もあるのでしょうが、「ム~」という感じです。ギターをうまく弾けるなら、多少音が漏れても恥ずかしくないのですが、ローコードのCをじゃ~んとやってるだけとか、「禁じられた遊び」が延々と漏れているのも恥ずかしいので夜は音量が出せません。

妻に適当にギターを弾いてもらって漏れそうな音量決めてますが、実際、ギターの音がどのくらいレベルから漏れているのかテストしたいので、浜松(北区)近郊のギター弾きの方が見ておられたら、テストに協力していただけるとありがたいです。協力していただける方はコメントかメールくださいませ。何の御礼もできませんが、今ならもれなく三相コーラスが味わえます。ちなみにトランペット吹きで漏れ音量テストに協力してくださる方も募集中・・・。(というかこんなローカルな情報をピンポイントで見ている人がいるとも思えませんが・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

ひゃっほ~ぃ

Img_1256 Chuckさんからお借りした三相コーラス様が無事に到着されました。

これは三相コーラス グランドツアー としてChuckさんが企画してくださっているものです。私の感想などは全然的外れとなると思いますので、興味のある方はツアーに申し込んで直接音を聞かれるとよろしいかと思います。というか、私の次の人が決まっていませんので、興味のある方は即名乗り出るべきだと思います。

感想の類ですが、本日はバンドの練習で帰宅が遅くなってしまったのでとりあえず梱包を解いてご挨拶をするくらいしか出来ませんでした。

とりあえず、多少(団地の夜なので本当に小ですが)アンプから音が出せる部屋で音を聞いた感じだと、これはこれ1つで楽器の音色になっている感じでした。コーラス音として結構エグめに効いているのに、爽やかに響くというか、「おぉ~ぉ」という感じ?(多分まったくわからないと思いますが)、JCで音をだしていたので、JCのコーラスと簡単に聞き比べてみましたが、根本的な質感が違うのですが、空間の広がり感はどちらもかなり出ているのです。三相コーラスの音はそれこそシンセに近い感じの音色に感じました。

と、先ほどChuckさんのサイトの三相コーラスを読み直していたら、この装置はエフェクト音のみで、原音は出していないらしいです。言われてみれば・・・みたいな感じもあります。m(_ _)m(先に勉強しておかないと・・・)

現在、自宅にあるコーラス系はJC77付属品と自作CE-2、自作SmallCloneとVA-10についている物がありますので、これらと聞き比べてみたりしてみたいと思います(VA-10のは使わないと思いますが)。ミキサーがあれば原音有りの三相コーラスの音も聞いたりできるのでしょうが、製作者のChuckさんの言われているとおり、エフェクト音だけで十分使用になるものだと感じました。

あと、この三相コーラスはメインスイッチと虹色LEDのみの「漢」仕様なので、エフェクタのONOFFもできないようです(写真でエフェクタの上に乗っている紙は説明書です)。セレクタあればOKなのでしょうが、そういった機能的なものは持ってないのですよね・・・。自作の入門はセレクタから入るべきでしたか・・・orz。

ちゃんとギターが弾ければもっと色々お伝えできるのでしょうが録音等も出来ないので分けの分からない感想と比較になってしまうのが残念ですが、しばらくブログのネタにも困らないかな?とか思ってしまったりします。

なにかこういう物があると、刺激を受けるというか、ワクワク感があって楽しいですね。

あぁ、そんな楽しいことに嵌っていきたいのに今週末には一つの山場が・・・というか明日の仕事は金曜日にミス発覚で終わっているので、そのやり直しからスタートだ・・・とかブルーな事が目白押しです・・・orz。

最後となりましたが、このような機材を貸してくださるChuckさんに感謝いたします。本当にありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)