2007年6月30日 (土)

これで良いのか・・・

Img_1452 で、GT2完成版?です。ノブは適当に乗っけてあるだけです。

結局、配線の間違い探しがわからず、回路図を見ていてもCaliforniaとBritishは信号が大きくなる構造のようなので、これで良しとしてしまいました。ネットを見ていたら、GT2が「歪みFX」として分類されている風もありましたし、こういうものなのですかね・・・実物知らないのが痛い・・・(ToT)。

まぁ、シミュレータだと思って製作していましたが、Tonepadの分類もディストーションになっているので間違っていないのかも。クリーン系の音に多少期待していただけにちょっと残念です(結局クリーントーンになるのはTweedだけ?)。

製作時に多少気になっていたノイズもケースの蓋をしたら治まったので良しとしています。

感想ですが・・・使い方次第で生かすも殺すも自由自在という感じですね。出音は確かにアンプっぽいといえばそうなのかもしれませんが、実物(マーシャルやフェンダー等)の違いが分かる男ではないのでそんな気分という感じでしょうか。自分の機材持ち込みで音作りをするならお気に入りの単品FXで組めばよいのでしょうが、現場のアンプで音作りに使うようならこちらの方が便利なのかもしれません。

ユニバーサル基板でも製作自体はそれほど大変ではありませんでしたが、もし、同様にユニバーサルで製作されようとする方がおられましたら、素人工作員さんの配置は2ピンの配置で3本線を通す箇所が数箇所ありますので絶縁には注意されるとよいかと思います。あと、220uFは50V耐圧は大きくてケースがギリなので16V(昇圧しないなら)か25Vくらいの物の使用をお薦めします。あくまで自己責任ですが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

音は出てるが・・・

Img_1445 基板部の配線ほぼ終了で音出しテストです。

音はでているようですが・・・

MODがCleanモードでもCaliforniaとBritishが歪みまくり・・・(Drive下げると音が消えるし・・・)。どこか間違ってるっぽいです。しかも、CaliforniaモードとBritishモードがほとんど変化なし。Tweedモードはめっさ高音落ちてる感じですがこれだけがCleanな感じになっています・・・。基板上の部品を見直していますが間違いはなさそうなので、あやしいのは配線周りですか・・・。

で、全ボリュームをMAXにした状態でMicをCenterポジションにすると発振しまくりです。素人工作員さんのレイアウト上の330k(300k)のトリムはほとんど絞りきる直前まで落とさないと発信が止まりません(まぁ、Hiを落とせば良いのですが)。

隣の100kの調整抵抗はとりあえず47kにして様子見です。この辺はスイッチ周りまで組んでからバイパス音と様子を見ながら決めます。

音ですが、これで歪ませた音(HiGainモードとHotモード)は嫌いではないですが、BBとかTubeDrvの音の方が個人的には好きです。

なんにしてももう一度・・・二度・・・三度・・・基板と配線の見直しですね・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

わらしべさんごめんなさい

という訳で前回のコメントでわらしべさんが折角タカチのケースでの実装方を提案してくださったにも関わらず提案を生かせずに強引グまいうえいとなってしまいました。わらしべさんすみません。

結局、FSH-1のケースをどうしたかといいますと、

Img_1433 これを

Img_1439 こうして

Img_1441 こうしてしまいました。

元の穴位置がどうにも使えないので大穴にしてケースの上にSUS板で作ったパネルをネジ止めしてあります。これでケース内の高さも1.5mm稼げたので、基板上の220uF(50V耐圧)のコンデンサが高すぎてどうしようか悩んでいた問題も解決しました。コンデンサ交換しようか困っていたのです。

この後、ステレオジャックの在庫が無いことに気づいて現在はまた凹んでおりますが・・・。

SUSの板はペーパーでヘアラインもどきにしてあります。毎度の端材なので傷隠しですね。四角穴で皆さん苦労されているようなので苦労を回避するために会社の機械でまとめてサクッとやってしまいました。板は1.5tあるので大穴の上を踏んでも凹まないはずです。

ちなみに写真を撮るのに仮組みしただけなので、現在はばらしてこれから実装です。これで音が出なかったらどうすんねんな・・・。

このパネル固定方法で実装しておけば、不要になった場合に表のパネルの交換でエフェクタ部分とスイッチ&コネクタ部を分離できるので、ケースの再利用に便利かと思ったのも一つあります。

その為、必要以上に大穴があいています・・・けど・・・参考にする人はいないだろうな・・・こんなのorz。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

はいらね?

Img_1432 次の製作ということで、SansAmp GT2(素人工作員さんVer)を作ろうかとおもいます。

で、部品は以前一通り注文してあって、確認したところ、ポット以外はそろっていそうなので、とりあえず基板を切り出してみましたが・・・。

写真の通り入りません。今更気づきましたが、sizeBBとタカチのケースって結構大きさ違うのですね・・・。大体一緒だと思ってましたorz。

という訳で、いきなりのつまずきですが、毎度のことなのでボチボチやります。それよりも、作りたい物が多すぎて、注文品のリストが出来なくて困ってしまいます。悶々。

あ、ケースとポットと、ついでに切り替えスイッチも注文しなくてはありません。市内のパーツ屋で買おうかと思っていたのですが、どうも6ピンの物が見当たらなくて・・・。急いでいたので探しミスしているかもしれませんが、通販するときについでに買おうかと思います。

あ、まったく別件ですが、「サウンドクリエイターのための~」を読んでいて、FSH-1改良方法が少しわかりました。P.222の53番です。内容的には電源の分離法です。まぁ、基板上の配置がクロック生成部とその他電源ラインを完全に分離できないので効果は謎ですが・・・。適当な抵抗を見繕ってまたテストしてみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)