2007年8月 7日 (火)

一段落

最近さぼり気味でしたが皆様はいかがお過ごしでしょうか?

Img_1465

Q-トリッパー完成しました(といいますか、完成していました)。

今回は力作なので腕まで生えています(嘘。

もし製作される方は前回の記事のコメントも読んで頂けるとありがたいです。

背景が大分ごちゃごちゃしていますが、おかげで奥さんに怒られておりますので、しばらく片付け兼在庫確認をしようと思います。

次回作は未定ですが、最近の脳内は松美庵さんのTonePlusやぴースケさんのToneBoxあたりに興味が移行しております。

ですが、その前にバンドの方から個人的にはとてもありがたい一品をお借りすることができましたのでその辺を記事にできれば・・・と思います。ちなみに既に回路図等製作に必要な資料はすべてネット上に既出の物品ですので期待される理由も面白い事もなにもないと思います。

それではまた~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

良かった・・・

Lay_qtriper基板は日曜に完成してしまっていたのですが、音がおかしいのでチェックをしておりました。 ということで、先行公開しなくて良かったです・・・。

という事で間違いを修正したのでとりあえず公開しておきます。と言いますか、そうでもしないとネタが無いので。

基板サイズを手持ちの15x15穴に納めたかったのでボチボチ圧縮がかかっていますが、目標どおり、抵抗類は全部寝かせました。実装時にはコンデンサも在庫処分でサイズ違いの物を使用していますが、ある程度の融通は利くかと思います。IC電源部の0.1uFのコンデンサはパスコンだと想定してなるべくICに寄せておきましたが、基板裏実装もありかと思います。

配線をそれぞれのポット毎にまとめるのは最初から諦めていましたので自由自在に配線がニョキニョキと生えています。アースラインの取り付け穴は好きなとこから取ると良いと思います。

この先は足りなかった100kAのポットを買うタイミングを見つつケースの加工でございます。

音ですが、FSH-1のワウモードより全然良いです(比較してはいけませんか?)。多少反応が鈍い気がする時もありますが、その辺は足のワウも知りませんし、他のオートワウも知らないのでなんとも。とりあえず下から上までちゃんとワウワウ言ってくれていますし、タッチで掛かり具合も多少差を出せます(使い分ける能力はありませんが)。基本的に想像していた通りに動いているようですし。とても満足です。

多少の不満についても改造箇所を明示して頂いているので容易に好みの状態にできると思います。(私の場合はユニバーサル組みなので改造はえらいこっちゃですが)指定の部分をマークしておいた方が良いかと思います。

で、テスト中なので基板剥き出しなのですが、いつも散々ひろっている電磁波ノイズがほとんど乗ってきません。たまたまなのかどうなのかわかりませんが、ひよこさんの設計の素晴らしさなのでしょうか・・・。すげー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

レイアウトから

というわけで皆様お久しぶりです。

製作予定のQ-トリッパーですがこれはひよこさんが公開してくださっている回路図からの製作になります。素直にキットを買えばよかった・・・とか思っていますが、この様な回路図の公開をしてくださる上に、回路の説明までしてくださるひよこさんには本当に頭が下がります。

で、レイアウトですが、実はアノニマスさんの公開してくださっているレイアウトをそのまま使わせて頂いて製作する予定で基板のカットして用意したのですが、抵抗が3マスで組んである部分があり、1/8Wを使うならまだしも用意した1/4Wの抵抗では立たせないといけなくなります。すると、絶縁処理が面倒だということで、このアノニマスさんのレイアウトをぐりぐりっと広げて抵抗を4マスに変更したりしておりました。すると、用意した基板サイズでは収まらなくなったりして、さらにあっちをグリグリこっちをグリグリと・・・この作業に没頭していたということで、最近の更新していない理由になりますか?

この場をお借りしてアノニマスさんに感謝します。ありがとうございます。

で、やっとこさ再レイアウトが終わりましたのでこれからボチボチ組みます。部品は多分足りていると思います。配置図を書き直しているので音が出るかわからない為、再レイアウトした図は音が出てから公開します。とはいえ誰も待ってはいないでしょうが♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)